市販で買えない避妊薬は常備に限る

市販で買えない避妊薬は常備に限る

低用量ピルや緊急アフターピルなど避妊で有名な避妊薬は市販では販売していません。その為、いざ必要な時に困らないよう通販などでまとめて購入し常備しておくと大変便利です。

避妊に困らないよう薬は常備することが大切

避妊方法は様々な物があります。コンドームによる方法や周期から判断する方法、さらには子宮内避妊器具などを入れる場合があります。
そういった方法だけである程度の避妊は行えるとされていますが、場合によっては失敗することがあります。コンドームであればゴムが破れてしまうことで漏れてしまうケースや、周期の計算を間違える場合などがあります。そのような場合には薬を服用することになるのではないでしょうか。
しかし、緊急避妊薬と呼ばれるものは基本的に緊急時に手に入れたいときは産婦人科にて処方される必要があります。服用の時間は避妊の失敗後の一日から三日以内とされていますので、いざ必要なときに通販などの利用が期待できません。
そのため、いざという時のために先に備えておくような習慣をつけておきましょう。まず道義的にどうかという事ではありますが、不特定多数の相手と関係をもつ場合は当然必要となります。この場合は性病の予防も必要となるのでコンドームの使用を前提とする必要があります。しかし、こういった例はよほどでなければありません。単にパートナーとの関係の中で避妊薬を保つ場合は、相手に必要なものであるという事を説明する事が大切です。本来はこういった薬は使う必要がない物ですので、使用しないでも済むように前述したコンドームを使用した方法などを基本としましょう。男性は実際に当事者になるわけではなく、どこかで傍観者的な感覚を持つ事があるので、しっかりと話し合いを行うようにしましょう。また、男性側もパートナーの身体的、心理的な負担を軽減させるために、家族を守るという思いをもってしっかりと考えるようにする事が大切といえるでしょう。

●おすすめのピル通販情報
通販できるピルがお得